ogswlr.

そこで「本格コーヒーを1杯150円で出せば、毎日飲んでもらえる」と考えた。しかりビジネスなので、150円でも収益を上げなければならない。そのためにどうするか? 鳥羽社長は頭をひねった。

鳥羽社長が導き出した答えは、極めてシンプルだ。

「4倍の客に、半額の150円で提供すれば、2倍の売り上げが上がる」

すべてはここが出発点だった。

普通であれば、半額以下でコーヒーを出そうと考えると、店の賃料が安い場所で出店しようと考えがちだ。しかし鳥羽社長は逆の発想をした。4倍の客に来てもらうために、むしろ1号店は土地代が高い原宿駅前に作ることにしたのだ。

次の課題は、従来と同じ人数のスタッフで、4倍の客に対していかにサービスを提供するかだ。「とにかく頑張れ!」とハッパをかけるだけでは、すぐに限界が来るのは明らかだ。

当時の喫茶店はすべて、客席で注文を取り、従業員が席までコーヒーを運び、最後に精算するフルサービスを提供していた。ドトールコーヒーショップはこの常識に挑戦し、カウンターで注文を受けて精算し、その場でコーヒーを出すセルフサービスに切り替えた。今は当たり前になったこのセルフサービス方式を定着させたのだ。

子どもの頃、月曜日が憂鬱じゃなかったのは『週刊少年ジャンプ』のおかげかも?
176: 名無し募集中。。。:2012/06/22(金) 04:28:46.08 ID:0
伊集院はヤンキー芸人嫌いなんだよな やんちゃ自慢とか被害者の事考えて喋ってるの?って 184: 名無し募集中。。。:2012/06/22(金) 04:32:18.68 ID:0
»176 伊集院に限らず大抵そうだろ 「昔は尖ってて今は丸くなったって言うけどその角を削るのにどれだけの丸を傷つけたんだよ」 ってな
初の松竹出演となった『幸福の黄色いハンカチ』の冒頭で、刑務所から刑期を終え出所した直後の食堂で、女性店員についでもらったグラスに入ったビールを深く味わうように飲み干した後、ラーメンとカツ丼を食べるシーンがある。その収録で「いかにもおいしそうに飲食する」リアリティの高い演技を見せ、1テイクで山田洋次監督からOKが出た。あまりにも見事だったので、山田が問い尋ねると「この撮影の為に2日間何も食べませんでした」と言葉少なに語り、唖然とさせた。
完全なオフの期間を含めて都内にいる時にはほぼ毎日、40年来懇意にしている港区高輪にある理髪店に通い、髪を切っている。ここには高倉専用の個室が用意されており、撮影に入る際には店主と髪型を打ち合わせて、役柄のイメージでカットしてもらう。この個室で長時間過ごす事もあり、高倉の私物も数多く持ち込まれている。事務所からの連絡を受けるためにFAX電話も設置されている[6]。
歩く前に不平不満ばっかり言ってるやつを誰が助けたいか
一般ユーザーの目から見ると、AppleのiPadの製品ラインはSamsungに似てきた。「シンブルであること」を至上の価値としてきたAppleの製品ラインがこれほど込み入ってくるというのはいささか奇妙だ。 もしどのiPadを買うべきか迷っているなら、次のようなステップで選べばよい。大か小か? 予算はどれほどか? それで最適のiPadが選べる
Appleは既存モデルの一部も継続販売する。オリジナルのiPad mini、昨年のRetina mini(iPad mini 2)、iPad Airは、WiFi セルラー版の場合、それぞれ249ドル、299ド399ドルからとなっている。Wi-Fi接続版は従来の価格より値下げされた。 わからないのはなぜAppleがベーシック・Modelとして32GBを出さないのかという点だ。いまどき16GBがどんな役に立つというのだろう? HDでビデオを撮影したり、ちょっとしたゲームをダウンロードしたらファイルがどのくらいのサイズになるのかAppleは知らないのだろうか? おそらくAppleは市場に出回っている低価格タブレットに対抗するためにカタログに載せる最低価格モデルとして16GBを捨てられないのだろう。今やかなり高性能のAndroidタブレットも手頃な価格にが下がってきた。Googleの16GBのNexus 7は現在、229ドルだ、近く発売されるNexus 9は400ドルからだ。 また企業が大量に購入して社員に配布する場合、大容量、最新のModelは必要ない場合が多い。そのためにも低価格Modelを落とすわけにはいかないのだろう。

(とあるシチュエーション。目の前の女性の指先にふと目がとまる。先半分が渋いが明るく、かつ深みのある色。)
「あ、ネイル素敵ですね。」
「今日行ってきたとこなんです。一番楽しみ、ネイル!」
(おっ!旬のポイント気づけた‼︎‼︎)
「和色っていうんですかね、ウグイス色とか。(ドヤ顔で) レベル高そう!」
「えっ?なになに⁇ 普通にカーキ色ですけどー」

…。

って感じで顔真っ赤になりそうなので、うつむいて仕事のメールを書き込んでるふりをして出来上がったのがこの文章。サムワンヘルプミー。

野次をスルーする、切り返す技という意味では、矢沢永吉さんは天才的に上手く、参考になります。私、15年、矢沢永吉さんのライブに通っているのですけど、永ちゃんがMCをしている時に野次を飛ばす人がいるわけです。

 ある日、野次に対して永ちゃんは「構わない方がいいよ。あいつ、明日、会社で“俺、矢沢と話した”とか言うんだぜ」と言ったのです。場内は爆笑で、その日はそれから、野次は飛ばなくなりました。