ogswlr.
RT @franceshoin1985 【乳首にモールス信号を打て】AV男優の格言。4本の指先の腹で乳頭を順番に刺激したり、乳首をつぶさないように優しく揉んだり、指先で軽く乳頭を叩いてやる http://t.co/gR5gBDmUuZ

RT @franceshoin1985 【乳首にモールス信号を打て】AV男優の格言。4本の指先の腹で乳頭を順番に刺激したり、乳首をつぶさないように優しく揉んだり、指先で軽く乳頭を叩いてやる http://t.co/gR5gBDmUuZ

RT @Toyokeizai 心を許して遊ぶな。松下幸之助の言葉をかみしめよう!!http://t.co/Ae8FHVppdJ http://t.co/Icfz4XjhM0

RT @Toyokeizai 心を許して遊ぶな。松下幸之助の言葉をかみしめよう!!http://t.co/Ae8FHVppdJ http://t.co/Icfz4XjhM0

RT @Toyokeizai ピエリ守山はなぜ明るい廃墟に? ショッピングモールの未来は明るいのか、暗いのか??
http://t.co/EbDFr2c1Yo http://t.co/QhPDrO1gbY

RT @Toyokeizai ピエリ守山はなぜ明るい廃墟に? ショッピングモールの未来は明るいのか、暗いのか??
http://t.co/EbDFr2c1Yo http://t.co/QhPDrO1gbY

相手に“聞いてもらえる”意見にするためには、まずは肯定的な反応を心がけることです。手軽なテクニックとしては、反対意見を言うときにも「なるほど」「確かに」といった言葉で受け止めることが挙げられますが、これを徹底するのは簡単ではありません。「でも」「だって」「どうせ」といった言葉は、それほど反射的に出てしまうのです。

サントリーのリゲインは、プレスリリースによると30代40代の男性を意識していることが分かる。他のエナジードリンクも年齢層は20代のこともあろうが、おおむね男性がメインターゲットであろう。

 さて、そんな市場において女子大生が新商品を開発するとどうなるのか、これがブレストの実演をしつつ副産物として私が期待したことであった。

 さて、結果は?

美容成分が入っている、味がおいしい(薬っぽい味がしない)などの意見は想定の範囲内であったが、意外と非常に多かったのが容器に対しての要求であった。

 かわいい容器、スリムボトルが欲しいというのは男性でも想像はつくであろうが、見せておしゃれ、持っているだけでかっこいい容器が欲しいとのこと。中には、頑張っているオーラが出せるパッケージが欲しいという意見も。

 飲料は見せるもの、という発想は少なくとも個人的にはなかったので、驚きであった。確かに普段、彼女たちの鞄からはペットボトルが顔をのぞかせることは少なくない。それゆえに、飲めればいいだけではなく、見せるものとしても商品を選んでいるということであろう。

 そして、ストロー付きがいいとの意見も。その理由はストローの方がリップが落ちにくいからだそうだ。男性には全く想像のつかない意見である。さらには、アルミ缶は、プルタブの蓋を開ける際に爪が傷ついたり割れたりしそうで怖いので、やめてほしいとのこと。これも、付け爪やネイルをやらない男性からはおそらく出てこない意見であろう。

とにかく、大事なことは「セシウムは付着した場所から移動しない」のだと言う。木の葉、木の幹、及び表土から殆ど移動しない。3年経った今でも、表土から2−3cm、それ以上深くまでは沈降しない。だから、雨水によってセシウムが地下深く浸透して地下水に影響を与えることもない。逆に言えば、何万年もセシウムは表土にずっと残り続けることになる。

そして、さらに今回分かった、驚異的な事実は、殆どの植物が土壌から、一切のセシウムを吸収しないことであった。このことに気がついた中西先生の実験室では、さらに興味深いことがわかった。植物は放射能に汚染された土壌から一切セシウムを吸収しないのに、放射能に汚染された水だけで栽培するとセシウムをたっぷり吸収するという事実である。つまり、セシウムは土壌と強く結びつく性質を持っていて、この土壌からは植物の内部に全く入っていかないのだ。

このことが、農地の土壌に対しては、完全な除染が進んではいないにも関わらず、そこで、新たに栽培された農作物は全く放射能が検出されない安全なものが生産出来るという理由である。中西先生によれば、地球は、誕生直後から強い放射線に覆われており、その中で、生物は進化を続けてきたので、もともと放射能に対して強い耐性を持っていると言うのである。

中でも一番驚くのは、乳牛に関する放射能汚染調査で、原発事故直後に深刻な放射能汚染を受けた飼料を食べた乳牛から絞られた牛乳も深刻な放射能汚染を受けていたわけだが、その後、汚染されていない飼料を与えたところ、20日後には、原発事故以前の状態と同じ、全く汚染されていない牛乳が得られたという。つまり、植物は土壌から放射性物質を吸収しないし、動物は一度取り込んだ放射性物質を排出し、体内に残さないという優れた放射能耐性能力を持っていることが判明したのだという。中西先生は、ここで悲しそうな顔をして語られた。「だから放射能汚染地域に居た乳牛達を殺す必要はなかったのです。彼らは、汚染されていない飼料さえ与えれば、また、再び全く問題ない牛乳を生産することが出来たのです」。

ただ、例外が二つある。一つはキノコで、なぜかキノコだけは、一般的な植物と異なり、むしろ積極的にセシウムを吸収するのだという。従って、汚染地域で露地栽培のキノコはアウトである。最近、九州地域での露地栽培の椎茸が放射能汚染の基準値を超えていたことが話題になった。中西先生は、これには二つの原因があると言う。九州地域は、福島原発事故による放射能汚染の影響は殆ど受けていない。九州地域の土壌の放射能汚染は、戦後のソ連と中国の核実験によってもたらされたものである。キノコは、これを吸収したものと思われる。もう一つの原因は、福島原発事故後に定められた放射能汚染基準が厳しすぎるということである。私たちは、既に、何十年間も核実験によって汚染されたキノコを食べて育ってきたが、別段、なんの影響も受けていない。

もう一つの例外はイノシシである。イノシシは土の中の虫やミミズを食べる際に土を一緒に口の中に入れる。先述のように、セシウムは土壌と密着して離れないので、イノシシの胃袋の中にはセシウムが沢山入ることになる。チェルノブイリ事故によって深刻な放射能汚染地域(ホットスポット)となった南ドイツのミュンヘンでは、「キノコとイノシシは食べるな。それ以外は、大丈夫。」という大変分かりやすい言い伝えがある。

こうした研究を踏まえて、中西先生は、極めて安価で効果のある除染方法を提案する。除染対象の土地の脇に深さ50cmの側溝を掘って、厚さ2−3cmの表土を側溝に埋めてしまえば、それだけでかなり完璧な除染になるという。私たちが、こうした正しい知識を持てば、今回の福島原発事故による深刻な放射能汚染に対しても、決して絶望することはない。と中西先生は仰っている。

clione:

その中のこのマンガがなかなかよくできていて、ジョブ型とメンバーシップ型の本質をよく表しています。 (via よくわかるジョブ型とメンバーシップ型: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳))

clione:

その中のこのマンガがなかなかよくできていて、ジョブ型とメンバーシップ型の本質をよく表しています。 (via よくわかるジョブ型とメンバーシップ型: hamachanブログ(EU労働法政策雑記帳))

—————————
 この学生たちの素朴な反応に、「就活」というものが、いかなる意味でも「就職」活動などではないという事実が、あまりにも露わになっていています。ハローワークは「職探し」をするところであり、自分たちがやっている「入社」のための活動とは縁のない世界だと思い込んでいるわけですね。
 「入社」のための「就活」に振り回される学生たちから「職探し」と見下すようにみられるところまで、日本の法律が本来の姿として想定していたジョブ型「就職」の世界は社会の中で周辺化されていたということでしょう。
——————-

つまり、ジョブ型の「就職」はダサい世界であり、大手就職サイトに象徴される「入社」の世界こそがかっこいいという価値観ですね。

お金が貯まらない人は、「欲しいもの(WANT)」にお金を使う。お金が貯まる人は、「必要なもの(NEED)」にお金を使う。お金が増える人は、「変化を起こすもの(CHANGE)」にお金を使う。
『貧乏人が激怒する新しいお金の常識』:紙魚:So-netブログ (via bochinohito)

“お金が貯まらない人は、「欲しいもの(WANT)」にお金を使う。お金が貯まる人は、「必要なもの(NEED)」にお金を使う。お金が増える人は、「変化を起こすもの(CHANGE)」にお金を使う。欲しいなら「必要な理由」を探す。さらに「自分を変化させるような使い方」ができるかどうか、考えるのです。”