ogswlr.

オフィス街などでは昼過ぎに売り切れてしまうほどの人気だ。もともとチョコレートとバナナは、屋台の定番「チョコバナナ」でも親しまれている、相性のよい組み合わせだ。口にすると、どこか郷愁を誘うような、優しい甘みが広がる。

しかも、バナナを完全には溶け込ませず、ストロー(専用の太いサイズのもの)を通る程度の果肉を残したところがポイント。そのため、「チョコバナナ」の懐かしい味わいに、食感のサプライズが加わった。しっとりとしたブラウニー、シャリシャリしたフラペチーノ、そして生のバナナ独特のやわらかい果肉感と、さまざまな味・食感のハーモニーが楽しめるわけだ。

さらに、定番人気のキャラメルフレーバーを組み合わせた「フレッシュ バナナ & キャラメル クリーム フラペチーノ」も同時に発売している。キャラメルとバナナ、いかにもおいしそうなコンビである。こちらに使用したブラウニーは「キャラメルとホワイトチョコレート生地でマーブル状に焼き上げ」ているという芸の細かさも自慢だ。

610円+税というドリンクとしては異例の価格は「え、バナナなのに?」という意外感も否めないが、ケーキやパフェのようなスイーツと考えれば妥当なのかもしれない。

小説「百年の孤独」や「コレラの時代の愛」などで知られるノーベル賞作家、ガブリエル・ガルシア・マルケス氏が17日、メキシコで死去した。87歳だった。
家族と関係者が明らかにした。感染症と脱水症状で治療を受けていたという。
南米コロンビア出身。「魔術的リアリズム」の旗手として知られ、1982年にノーベル文学賞を受賞した。スペイン語世界において、「ドン・キホーテ」で有名な16世紀のスペインの作家ミゲル・デ・セルバンテス以降最も重要な作家とも評されている。
ガルシア・マルケス氏はコロンビア北部の町アラカタカで生まれた。「百年の孤独」や「落葉」、「悪い時」に登場する架空の町、マコンドはアラカタカがモデルとなっている。
幼少期は両親とは離れ、祖父母のもとで暮らした。祖父母はともに話を聞かせるのがうまく、元軍人の祖父は軍人のあり方やコロンビアの歴史、殺人が心に残す重荷について、祖母は民話や迷信、幽霊を孫に語って聞かせたという。特に祖母の話は「百年の孤独」に大きな影響を与えた。
その後はジョイスやウルフ、カフカやフォークナーの作品にも影響を受けた。大学卒業後は、新聞記者やコラムニストとして活動する一方で小説を書くようになり、67年発表の「百年の孤独」で名声を確立。同書はこれまでに20数カ国語に訳され、2000万部を超える世界的ベストセラーとなった。
だが政治的左派でキューバのカストロ政権を支持する姿勢から、米国からは何度も査証(ビザ)の発給で制限を受けたり拒否されたりした。これは「百年の孤独」のファンだったクリントン元大統領が規制を解くまで続いた。
大企業のサラリーマンや家族が加入する健康保険組合の財政は、高齢者の医療費を賄うための負担金が引き続き増えることなどから、今年度の全体の赤字額は3600億円余りに上り、7年連続の赤字となる見通しです。 これは、全国の1410の健康保険組合で作る健康保険組合連合会が、各組合からの財政状況の報告などを基に推計したものです。
それによりますと、今年度の全体の赤字額は、高齢者の医療費を賄うための負担金が引き続き増えることなどから、3689億円に上り7年連続の赤字となる見通しです。
赤字額は前の年度より908億円減るものの、全体のおよそ8割に当たる1114の組合が赤字となる見込みで、厳しい財政状況を受けて、399の組合が保険料率を引き上げたということです。
健康保険組合連合会は、「給与や賞与が上がり保険料収入が増えることで収支は若干改善するが、赤字の構造は変わっていない。来年度には団塊の世代が全員65歳以上になるので、高齢者医療への公費の投入を拡充すべきだ」としています。
小悪魔agehaのなかなか上手いな思ったビジネスモデルは2つあって1つは、地方にいる「小悪魔agehaに出たい」人を上手く使った点。地方のキャバ嬢とお店の人は、自腹で東京まで来ており、編集部側は「モデルの撮影代と関連する経費」を圧縮した点。
2つ目は、地方のキャバ嬢が小悪魔agehaに出ることで、嬢が所属するお店が買い上げて配るので、勝手に宣伝・販売してくれる点。ちなみに、地方別の売り上げを聞いたら、中部地方、名古屋で馬鹿売れだったとか。さすが名古屋!
出版社インフォレストが倒産した。
その昔、エロ本で有名な英知出版という会社があった(ここから分割してインフォレストが誕生した)。こちらも倒産したけど。
英知出版の創業者社長は、ピアノが得意で、社長室でピアノを弾いていた。社長はできあがった雑誌の表紙や企画のチェックをするときは、ピアノを弾きながら見るらしいけど、ダメな時は激しい曲を弾いていたらしい。周辺の住民はその音を聞いて「ああ、社長がだめ出しをしているな」と思っていたとか。
「オーナーでなく経営のプロになれ」
「おやじに言われた中で一番大事だと思ったのは、プロにならなくちゃだめだということ。オーナー家として支配するのではなく、経営者としてきちんと仕事をするという意味だと思う」